1月31日の認知訓練

本日の認知訓練は、連想クイズでした。お題を書いた紙を1人のスタッフが確認し、他のスタッフがそのお題を当てると言ったクイズです。

お題を持っているスタッフは、質問に対しYESかNOでしか答えることができません。質問するスタッフは、20問までの質問をしていきます。

2チームに分かれて実施しました。

1チームは、9問正答することができていました。

もうひとチームは、2問とも20個の質問をしたのですが答えを当てることは難しく、答えを発表すると「あ~!!」と歓声が上がりました。(笑)

私も、学生の頃失語症の方の思いを知るということをテーマに同じような連想クイズをしたことがあります。お題を持っている方が失語症の方役で、もう一人は、医療者役でいろいろ質問をしていきます。失語症役になると、YESかNOでしか答えられないので、分かっているお題を伝えられないもどかしさを感じ、医療者役は、色んな方向からの質問をすることの難しさを感じました。